機能充実、完全無料のSeesaaブログは、↑ここからすぐに作成できます。
カテゴリ[ブログ入門:トラックバックを考える]
2006年01月10日

トラックバックの信用

トラックバックのマナー、リンクなしトラックバックの是非、
といった話題は相変わらずよく見かけます。

リンクなしでいいじゃないか、という意見にも色々ありますが、
どれを読んでも今ひとつ納得いかないものばかりです。
これまでにも書いてますが、全てのトラックバックに
必ずリンクが必要だ、と考えているわけでもないですけど。
一般的にはリンクして送るのが良いでしょう。

そのリンクを辿る事に何の有用性もないような、
無意味なトラックバックが溢れ返るという事は、
トラックバックという仕組み自体の信用を損なう事に繋がります。

つまり誰もトラックバックを辿ろうとしなくなるって事です。
結果トラックバックとは、
単に自分の記事へのリンク本数を増やす為だけのものになってしまい、
面白くも何ともない機能になります。

面白い仕組みなのでできるだけ有効に使う方向に持っていきたいですね。
2005年11月30日

眞鍋さんそれはやめてくれっ!

ブログの女王と言われている眞鍋かをり。
僕もそのブログは読ませてもらっているのだが、
先日の記事の最後にこんな記述が。

追伸、、、今回から気になったトラックバックにトラックバックを返すことにしました。
え?
そのトラックバックの意味は?
「気になったトラックバック」の定義は?

トラックバックを返す事にした意図が全く見えないのですが。

あのブログのトラックバックの数は本当に凄まじいのですが、
全く何の関連もない記事からの宣伝が多数。
それに対してトラバ返ししたいのでしょうか?

まあ理由はあまり関係ないのでどうでもいいのですが、
こんな有名なブログでこの行為はやめていただきたい。
無意味なトラバやトラバ返しがますます一般化されてしまうので。

しかしこれをやると言い出したのは誰なんでしょう?
眞鍋氏本人が言い出すとも実際にやるとも思えないのですが。。

ココログではトラックバックの説明で
トラックバックをすると、自動的に相手のブログに自分のブログへのリンクが貼られますが、自分のブログから相手のブログへはリンクが貼られません。そのため、マナーとしてトラックバックをしたときには、必ず本文中にトラックバック先の相手のブログへのリンクを貼ってあげましょう。
と明記しているのに一体?
2005年11月29日

トラックバックありがとうございました

トラックバックを受けた側の運営者が、送信元のブログに出向いて
「トラックバックありがとうございました」
「TBどうもです」
というようなコメントをしているのをよく見かけます。

このようなコメント、する必要があるんでしょうか?

正しい使い方で送信されたトラックバックに対しての
「参照ありがとう」というような意味合いであればまだ理解できますが、
ただの宣伝やスパム相手にこのコメントが多い気がします。

宣伝やスパムは乱発しているのだから、
お礼コメントも多くなるのは当然といえば当然ですが、
何に対しての感謝なのか、理解に苦しみます。

全く面識のない人物が自分のブログに
「これこれこういった内容のブログ書いてます、よろしく!
URLは・・・・・・・です」
なんてコメントをしていった時に、
「コメントありがとうございます!」
なんて返事をする人は少ないはずです。

トラックバックありがとうございますの大半もこれと同じだと思います。

どんなコメントをしても個人の自由なのでするなとは言わないですが、
トラックバックを貰ったらお礼をするもの、という変な勘違いでコメントされている場合は、もうしなくていいと思いますよ。
2005年11月15日

トラックバック返し

自分のブログにトラックバックが送られてきた際に、
送信元のブログにトラックバックを送り返す行為を
一般的に「トラックバック返し」「逆トラックバック」などと言います。

僕はこの行為、おかしいと思います。
基本的に無駄な行為です。

具体例的には、
ブログAの記事を参考にブログBが記事を書いた場合。
ブログBでは、参照元(ブログAの記事)へのリンクを貼った上で、
ブログAにトラックバックを送ります。
これは一般的な正しいとされるトラックバックの使い方。
この時点で両者の記事間で相互リンクが成立します。

ここでトラックバックを受けたブログAから、ブログBにトラックバックを返すと、
ブログBの記事にはブログAへのリンクが二重に貼られてる状態になります。
この行為にどんな意味があるのでしょう??

この「トラバ返し」「逆トラバ」という行為、
元はスパム的なトラバに対して行われだしたものだと思います。

共通の単語があるだけといった僅かな関連しかない記事から、
リンクも無しに飛ばされてくるトラックバックに対して、
一般的な対処法は「削除」なのですが
逆にトラックバックを返すという習慣が生まれました。
相手は宣伝なのだから、こっちも逆に宣伝してしまえ、という発想です。

僕はこの考え方はどうかと思います。
やられたからやり返す、というのはちょっと。。。
結局現在のような、無駄なトラックバックが氾濫する状況を
さらに悪化させるだけです。

さらに問題なのは、その行為が一般化された事によって、
「トラックバックされたら返すのが礼儀」というような
明らかに間違った使い方をマナーだと勘違いしている人が
結構な数いそうな事です。

意図的に宣伝目的でやっている人も多そうですが。

よく考えて欲しいのは、そんなトラックバックを飛ばしたところで
実際には大した宣伝にはならないという事です。
多くの場合、せいぜい一桁のアクセスがある程度。

そんな僅かなアクセスの為に、
スパマーと同レベルに成り下がる必要も無いでしょう。

一部の仲間内でそれをルールとしてやるのは全く構いませんが、
その場合はそのグループ内に留めておくべきです。

このトラバ返し、もらった時の対応に戸惑います。
知らない所から来るスパムトラバとは違い、
自分が参照してトラックバックを送った相手から送られるものなので。
「2重リンクになるだけで意味無いのでわざわざ送らなくていいですよ?」
程度の言い方で軽く伝える事はたまにありますが
わざわざ消す必要も感じませんしそれはそれでいいや、と放置してます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。